ALT

テストで高得点を狙うコツ【英語編】 英語のリスニング力を高めてポイントアップにつなげよう

いくら英語のテスト勉強に時間をかけてもなかなか効果が表れないならリスニングに関しても対策をしてみましょう。音を聞き取れなかったり、仮にいくつかの単語が聞き取れても文章として全体の意味をとらえきれないなど、苦戦する生徒も多くいます。普段の学習にリスニング対策を取り入れて、苦手意識を少しずつなくしていきましょう。

 

耳を慣らす「シャドーイング」にトライ!

 

英語の音源を聞きながら真似をして、かぶせるように追いかけて音読をすることを「シャドーイング」といいます。教科書や放送台本のある問題集の音声データを利用して、まずはこの練習をしていきましょう。始めのうちは流れる音声に合わせて教科書の本文や放送台本を見ながらトライしてみましょう。単語の一つひとつの発音だけなく英語独特の文章のつなげ方の特徴を捉えられるよう意識してましょう。慣れてきたら文章を見ないでトライします。大切なのは、音読をしながら自分が聞き取れなかった部分や、意味が分からなかった単語などを書き出してチェックしていくことです。聞いたままの音をカタカナでもいいのでメモを取り、後でその単語や英文を文章と照らし合わせて目で確認してみると良いでしょう。誰でも知っているような単語でさえ、リスニングになると聞き逃してしまうことがよくあります。英語は日本語に比べて音声変化が起こりやすいからです。単語同士の発音がつながって表現される「リンキング」は、ただ文章を読んで覚えるだけでは身につきません。最初は上手にできなくても何度も繰り返していくうちに音を再現できるようになっていきます。この力がついてくるとリスニング力は格段に上がっていきます。

ネイティブの先生から実際に英会話を学ぼう!

 

良知塾では英語の授業にネイティブの先生が付いています。教科書の英文をネイティブの発音で直接聞くことができますし、音読やリスニング練習の前後にする何気ない会話を重ねることで、英会話本来のスピードや発声に慣れることができます。また個別授業なので苦手なところを繰り返したり、会話に慣れてくると、教科書には載っていないけど非常によく使われる表現を取り入れてみたりして、様々なアプローチで生徒に合ったリスニング力と会話力を強化していきます。自宅学習ではなかなかできないことです。このレッスンを繰り返すと、英語を聞くことと話すことに対するプレッシャーをやわらげ、何にポイントを置いて聞き取ったり、話したりするのが重要かを自然と体得できます。母国語である日本語で会話をする時でさえ、私たちは一語一句すべてを聞き取っているとは限りません。会話の中の単語のパーツを組み合わせて、相手が言っていることの内容を推測していく力も磨いていきましょう。完璧に聞き取れなくても十分に意味をとらえることができると知ることも大切です。緊張をしすぎることなくリスニング問題に望むことができることはとても重要なことだと思います。スポーツと同様、リスニング力は練習を始めてすぐに効果が出るというわけではありません。今から練習を重ね、本番の受験に備えていきましょう。

生の英語に触れる!ネイティブのアシスタントが教える中学生の英語授業はコチラ

リスニング力に必要なのは「聞き取る力」とその「意味をとらえる力」、この2つの組み合わせです。せっかく聞き取れた音声も単語の意味や文法がわかっていなければ正解を導き出すことができません。つまり単語の習得、文法など、英語の基礎をしっかり勉強していることが結果としてリスニング力につながるということになりますから、バランスよく勉強することが大切であることも忘れないで取り組んでいきましょう。

 

———————-

 

定期テスト対策・入試対策に絶対の自信!個人に合わせたプログラムで丁寧に指導します。

 

豊橋駅近く!中部中、豊城中、青陵中、北部中、他中学・高校のテスト対策はお任せください。

松山小、新川小、松葉小、八町小、旭小他、早めの中学入学準備で成績アップをサポートします。

豊橋初!英語の個別授業にALTを導入。英会話が同時に学べます。

 

体験授業など、お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-435-023

———————-